レンタルタキシード [都会・田舎のかっこよさ]

都会の人は田舎に憧れて、田舎の人は都会に憧れを抱いている。では、お互いがどのようなかっこよさがあるのでしょうか?

結婚で使うレンタルタキシードにおいて様々な種類があり、どのようなデザインや色合いのタキシードを選んでかっこよさを表現するかと言う「センス」であるが、田舎ではセンスよりも仕事をしている「サマ」を重要としている新郎が多い。多少のセンスやかっこよさも必要だがそれよりも仕事をしっかりしていて性格が優しいと言うことを気にしている新郎さんなので、レンタルタキシードの種類や色合いはかなり少ない。

その代わり、それぞれのサイズにあったタキシードが多くある。タキシードをレンタルする時にどのようなデザインを選ぶかではなくどのくらいのサイズのレンタル品を選ぶかに注目している。地方ではレンタル品において結婚する新郎さんに対しての考え方を見る。

では、どうしてお互いがこのような考え方になってしまったのか?その理由として挙げられるのは、「考え方」の違いだと言える。都心のかっこよさとは周りからクールな感じに見られたり、何でもこなせると言う事で、そちらの方は自分が強いと思われることだと考えられる。結婚をした新郎さんで2つのほうではちょっとそちらのほうがこわもてな感じの新郎さんが多く、都会のほうでは、生真面目な感じの人で何でもこなそうとする新郎さんが多い。

田舎と都会のほうの結婚を比べて自分はどっちの結婚がいいかを判断してください。その中で、どちらで結婚をあげるかを考えてみてはいかがでしょうか?お互いにしかない特徴を活かしてそこにしかないアイデンティティを活かした協会で忘れられない最高の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

それぞれのかっこよさを活かしたレンタルタキシードを。。。